ダイバーシティ 意味。 「ダイバーシティ」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

ダイバーシティとは?これからの時代には欠かせないキーワード

意味 ダイバーシティ

基本情報や福利厚生はもちろん、実際に働いている人の声など気になる情報も満載です。 ダイバーシティのまとめ 近年、多様性をうたわれ言葉の認知度はあがっていますが、まだまだ浸透しているとはいえません。 ではダイバーシティとはいったい何なのでしょうか、 なぜビジネスに重要視されているのでしょうか? ダイバーシティとは?簡単に意味を説明 ダイバーシティは、大企業ほどその取り組みに力を入れているといわれています。

6

ダイバーシティとは?今考えておきたい、多様性を重視する社会の在り方

意味 ダイバーシティ

今ではビジネス上の重要な経営戦略と見做されていますが、それは次の3要因が背景にあります。 経営トップ が 経営 理念や目標をしっかりと示し、 従業員 と一丸になって取り組むことが大切です。 ダイバーシティの意味 ダイバーシティ(Diversity)は、「さまざまな」という意味のdiverseを名詞化した言葉です。

5

ダイバーシティ

意味 ダイバーシティ

ワークライフバランスという言葉がありますが、個人に合った働き方ができるようになる社会であることも目指されていると考えられます。

7

「ダイバーシティ」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

意味 ダイバーシティ

もともとは1990年ごろから、アメリカで広く認知されるようになったダイバーシティという言葉。

働き方改革で注目される「ダイバーシティ」って何?

意味 ダイバーシティ

そして企業側はさまざまな違いを認め受け入れながら社員の多様性、 それは人種や性別、知識や今までの経歴も含めて、その能力を最大限に生かすことで 企業の運営にもプラスになることを目指すようになりました。

ダイバーシティ

意味 ダイバーシティ

この結果から、日本ではまだまだダイバーシティが実態として根付いていないことが分かります。 ダイバーシティ&インクルージョン ダイバーシティは「ダイバーシティ&インクルージョン」という使われ方もされます。

20