Nhk アナウンサー 男性。 NHK放送センター

NHK放送センター

男性 nhk アナウンサー

(1932年入局)• 海外に取材に行ったりしているわけですから 体力は十分兼ね備えてそうですよね。 (1984年入局 のちにテレビ朝日局契約)• 生年月日:1972年6月8日• 太めの眉がチャームポイントの高瀬アナは 兵庫県の出身で、レイザーラモンHGとは、 高校の同級生だったのだとか。

9

NHKの元職員アナウンサーの一覧

男性 nhk アナウンサー

こばやし・あきひこ (1957年入局)• さかい・ひろし (1950年 - 1982年)• 放送はNHK専属。 現在は、仙台放送局に赴任しており 「てれまさむね」キャスターを担当中です。

NHK放送センター

男性 nhk アナウンサー

(なかむら・けいこ)• 特に年配者は「ニュース=NHK」という図式が完成しているため、情報番組も含めたニュース・報道のジャンルには強いという特徴がある。 (1932年入局)• いしばし・じゅんいち (1961年入局)• (あべ・わたる) EA• (ごみ・てつた)• 1962年入局)• (元契約キャスター、衆議院議員)• (やまじ・ただお) CA• プロを目指すほどのピアノの腕前の持ち主で 本気で演奏家を目指していたこともあるとか。

13

NHKの元職員アナウンサーの一覧

男性 nhk アナウンサー

出身校:高校…兵庫県加古川東高等学校• (ほんだ・しゅんすけ)副部長• (こでら・やすお)アナウンス専任部長 男性 [ ]• (1936年入局)• 現在 [ ]は「ことばの杜」共同発起人。 (元関西テレビ、1998年没)• 年齢:37歳• (1970年入局)• (はせがわ・ふみよし)• 「英語でしゃべらナイト」「土曜スタジオパーク」「歌謡チャリティーコンサート」「渋マガZ」「MUSIC JAPAN」「金曜バラエティー」などを歴任しました。

17

日本のアナウンサー一覧

男性 nhk アナウンサー

(さかもと・あつし)• (いのうえ・ともこ)• 清水明花(しみず・さやか)• (しばた・ひらく) - 『』リポーター兼ディレクター• かけがわ・まさお (1973年入局)退職した 現在 [ ]も松山放送局に勤務している• (ふじしげ・ひろき) 熊本放送局放送部 [ ]• (1938年入局)• (1932年入局)• (1937年入局)• (にわき・さくらこ) 北九州放送局放送部 [ ]• (ちば・みのり)育休中• あさぬま・ひろし (1934年入局)• 女性 [ ]• また、日本語センターには第一線を退いた専属アナウンサーがおり、アナウンス講座の講師や東京アナウンス室の業務補完(ラジオニュースその他)などに従事している。 (1937年入局)• (1944年入局)• さいとう・よういちろう (1974年入局)• (1976年入局)• 「麻呂」こと登坂淳一アナやNo. パラダイステレビ-成人向け番組専門チャンネル 専属アナウンサー 一般のアナウンサーとの単純比較はできないが、ニュース番組を担当することもありアナウンスやMCとしての技術に力を入れているアナウンサーもいる。 さいき・たけし (1997年入局)• 結局、この2人の不倫疑惑はグレー状態であり、当人同士も否定し続けていました。

6

NHKの元職員アナウンサーの一覧

男性 nhk アナウンサー

鹿児島放送局から、岐阜・大阪を経て、 現在は東京アナウンス部に所属しています。

12

NHK放送センター

男性 nhk アナウンサー

』メンバーであり、朝の顔として定着。

アナウンサー | NHK大分放送局

男性 nhk アナウンサー

彼の魅力は「NHKらしからぬ言動」でしょう。 1981年入局• 現在はNHKの高瀬耕造アナ&桑子真帆アナを番組の看板キャスターとして全面に展開する。 (元)• これには管理職・一般職不問)というものもあり、これに関しては各放送局にもよるが、2月から3月にかけて異動が行われることが多い。

16

大越健介

男性 nhk アナウンサー

(やまだ・ひろき)• (べつい・たかゆき)• (ますむら・そうた)• (はたけやま・さとし) EA• (1933年入局)• こばやし・ひろゆき (入局年不詳)• (いその・ゆうこ)• (すえだ・まさお)• フリーアナウンサー• 鈴木俊一『回想・地方自治五十年』株式会社ぎょうせい、1997年、、p. (1960年入局)• (1999年入局)• (ひろせ・ゆうた)• 大学を卒業後は、1990年にNHK放送局に 入局。

9